浴衣の着こなし


浴衣の着こなし

浴衣を着るときってどんなときでしょう。祭りや花火に浴衣は夏定番アイテムともいえますが、温泉や旅館に宿泊するときにも浴衣と同じようなものをきることがありますよね。

そんなときでも、浴衣を着ている人は増えてきたけど、皆と一緒じゃつまらない!誰もが振り返る色っぽい浴衣美人になりたい!こざっぱりとした爽やかでカッコいい浴衣を着こなしたい!そんなふうに思う人も多いはず。自分の理想の浴衣姿になるために、浴衣の着こなし方やキレイな仕草を手に入れてください!

「ゆかた」を着る

「ゆかた」を着る浴衣は簡単に着ることができる着物ですが、まだまだ難しいと思われがちです。特に街中や夏のイベントでも浴衣を着ている男性はまだまだ少ないですよね。

それは、浴衣や着物を着るときには色々な決まりや手順、必要なものがたくさんあるのではないかと思われているからではないでしょうか。さらに、こういった決まりなどを間違えると恥ずかしいから…となかなか気軽に着てみることができない人も多いようです。

でも、きっとそういう人たちでも温泉や旅館にある浴衣のようなものは普通に着たことがあるのではないでしょうか? あれは「ゆかた」ではなく「丹前(たんぜん)」や「寝巻き」と呼ぶのが正しいのですが、夏の定番といわれる浴衣にそんなに大きな違いはありません。 気軽にさらっと着ることができるのが浴衣の特徴であり大きな魅力なんですから!

浴衣の着こなし方が判らない、という人も浴衣を実際着てみないと何が解らないのかすら、わかりません。実際着てみると着こなし方も工夫の仕方も、実体験としてわかってきます。もちろんわからない点も色々出てくるかもしれません。

でも、浴衣は自由に着こなしていい普段着の着物なんです。洋服と組み合わせてみたり、古風な髪形や小物と組み合わせて粋な感じにしてみたり…浴衣だからこそ色々な着こなし方を試してみて自分に似合う浴衣姿をみつけましょう!

浴衣のデザイン

浴衣のデザインとはほとんどの場合、生地や染め、柄などのことを言います。だって、丈や裄などに違いはあっても浴衣の形というのはどれもほとんど同じなんですから。

浴衣を選ぶ

浴衣を選ぶ洋服を選ぶときは色・形・デザインなどをみて自分の好きなものや似合っているものを探しますよね。浴衣も同じように、自分にあっているものを探すのが良いでしょう。

それを自分にあった形に着ていくのが「着こなし」ではないでしょうか。男性の浴衣の場合は女性の浴衣に比べて色や柄があまり多くありません。

しかし、生地や色の違いで貫禄や雰囲気などの印象が少しずつ変わってきます。また女性の場合には選べるデザインや柄、生地などが多すぎて困ってしまうかもしれません。

理想の浴衣姿をイメージする

浴衣姿をイメージ男性でも女性でも、初めに自分が「ゆかた」を着たときの姿をイメージしてみましょう。

着たらどんな雰囲気になりたいのか、または「ゆかた」や着物を着た有名人を思い浮かべて、あんなふうに着こなしてみたい、というのでもかまいません。

浴衣を着物風に着こなす

「ゆかた」を着てみたいと思う人の中には着物を着る練習として着ようと思っている人もいるかもしれません。「ゆかた」はアイディアや組合わせ次第で、そのままでも着物と同じように着こなすことができます。

浴衣をコーディネイトする

浴衣をコーディネート「ゆかた」は普段着やカジュアルなイメージがある着物なので、半襟や足袋を取り入れるだけでも着物のように見せることができます。

また、ほかにも色々なもの組み合わせることで着物を持っていなくても「ゆかた」だけで一年中和風のコーディネイトを楽しむことができます一年中色々な組み合わせで浴衣を着ていれば、自分の体型や雰囲気に合わせたで着こなしが見えてきます。

好きなときに着ることができれば、どんどん自分になじんで「ゆかた」も着物も着慣れてくると思いますよ。

男性の着物風浴衣

下駄男性の「ゆかた」を着物風に着こなしたいときには、浴衣の色や生地を夏っぽいものにしないことがポイントです。

生地は高いものでなくても木綿以外のものでできている生地の多くが「一重(ひとえ)」というカジュアルな着物と同じように使いまわすことができます。浴衣の色を濃い目の色やベージュのようなシックな色にすれば、半襟をつけるだけでもすっかり着物に見えてしまいます。

半襟は、ガーゼや手ぬぐいなどで簡単につけることができます。また、「ゆかた」の下にボタン付きのシャツなどを着るとモダンな雰囲気の着物にはや代わりします。

男性が着る場合には下駄を履くことが多いと思いますが、足袋をはいて草履にすると雰囲気がまた変わって見えます。足袋の色も濃い目の色合いならさらに粋な雰囲気になるでしょう。小物やかばんなども色々変えて楽しんでみてくださいね。

女性の着物風浴衣

女性の着物女性の「ゆかた」のデザインは年々増えていますので、浴衣の柄や色をポップな現代風のものにすると季節を問わず半襟エリや袂の中に袖をつくって重ねることで簡単に着物風に着こなすことができます。

女性の「ゆかた」の場合はデザインが豊富な分アレンジもしやすいのですが、「ゆかた」らしい柄というのがわかりにくくなっているかもしれません。もともと着物風に着こなすことを考えて選ぶのでしたら、シンプルなデザインで夏っぽくないものを選ぶのがポイント。

シンプルなものなら半襟の色でイメージを変えたり帯にあわせやすいのでおすすめです。また、「ゆかた」の下に襦袢を着ておくと浴衣を着たときに重さが出て、着物っぽさが増します。


 

ページの上に移動




ホーム浴衣を着よう! | 浴衣の着こなし | 浴衣とあわせる浴衣の小物リンク集

copyright (c) 2013 浴衣のココロ All Rights Reserved.