男の浴衣・しぐさ編


男の浴衣・しぐさ編

浴衣を着ている男性がする様々なしぐさに魅かれる女性も多いと思います。浴衣や着物を着ている男性の何気ないしぐさから、なんだか色気のようなものを感じる、というのもよく聞きますよね。でも、反対にちょっと不釣合いな動きに見えるしぐさもあります。浴衣を着ているときのしぐさや動きは、浴衣や着物をかっこよく着こなすためのひとつのポイントでもあります。浴衣を着る時には、こういったしぐさや動きもぜひ覚えておきたいですよね。

「ゆかた」を着たときには

男浴衣を着るときには、決まった動き方やしなければいけないしぐさがあるわけではありません。決まりや形がほとんどない普段着として着られていたのが浴衣ですから、いつもの日常生活の動きをそのまま浴衣を着ている時にすればいいと思います。

しかし、普段洋服を着慣れてしまっている人が浴衣を着た場合、慣れるまでちょっと動きにくく感じたりギクシャクしてしまったりすることもあると思います。浴衣をかっこよく着こなすためには浴衣を着た状態で自然な動きができるようになることが大切です。

慣れるまでの初めのうちは、なかなか難しく感じるかもしれませんが何回か着ているうちに自然と動きやすくなってくるはずです。加えて浴衣を着ている時の動きやしぐさ、身のこなし方につい覚えておくと自然とかっこいい着こなしができるようになると思いますよ。

浴衣を着て動く

浴衣を着たときに、浴衣の丈や裄の違いで動きやすさはちょっとだけですが変わってきます。浴衣を着ているときに似合ったしぐさをしているかどうかを確認するには、映画やドラマの中でかっこよく浴衣や着物を着こなしている俳優さんを覚えておきイメージしながらやってみるのがおすすめです!

浴衣の丈と足裁き

浴衣の丈まだ着物に慣れていない場合には短めの浴衣を選ぶのがおすすめです。現代では、浴衣を着る男性の多くが長めの丈の浴衣を好む傾向にあるようですが、昔は汚れにくく動きやすいという理由から、浴衣や着物の丈はくるぶしの上あたりになるように仕立てられていました。

男性の着物や浴衣には、後で丈を調節するための「内揚げ(うちあげ)」という部分があり、短い丈から長い丈に作り変えることも一般的に行われていました。

しかし、最近は「内揚げ」部分がなく決まったサイズの浴衣も市販されていますので、購入する際には必ず試着をして自分にあったサイズの浴衣を購入するようにしましょう。

また、浴衣は体の前で二枚の布があわさった状態になっているのが特徴です。歩くときに外側に蹴りだすようなイメージで腰から前に進むようにすると歩きやすくなります。

浴衣のすそがスカートの用に広がってしまうとかっこ悪いのですが、帯を自分の腰を落ち着ける位置で締めると聞くずれしにくくなりますよ。

浴衣での座り方

ベンチ浴衣着ているときには、座ったときに浴衣がぴしっとなっている状態で座ると、立ち上がったときにも変なシワがつきにくいと思います。 立ち上がったときに後姿がシワクチャでは色気も感じられませんよね。

正座をして座る場合には、すわり初めに両手を太ももあたりに当てます。腰を落とし始めたら手のひらを滑らすように太ももから膝まで浴衣を整えて膝をつく瞬間に膝の下に手を滑り込ませるようにすると比較的ピシッとなった家か座ることができます。

椅子に座る場合は初めに太ももから膝辺りまでを払うようにして整えてから、椅子につくおしりのあたりを身体に沿うようにしてととのえて座ります。

どちらの場合にも膝を握りこぶしひとつ分くらいの間をあけて座るのがかっこよく座るポイント! 膝と膝を少し開けた状態で座ると腰が座っておちつた状態になります。「座りが良い」状態は、貫禄や雰囲気を出すことができますよ。

雰囲気を出す

浴衣を着ている男性のかっこいいしぐさや雰囲気はどんなときに出るのでしょうか。テレビや写真で見たことがあると思いますが、実は浴衣や着物を着こなしている男の人は「腰」と「背中」がポイントになるんです。

腰を入れる・腰をすえる

雰囲気を出す男性が浴衣を着ている時、さらっとした雰囲気の中にもとして落ち着いたイメージが出ていると、ちょっとした動きの中にも色気や雰囲気が自然と出てきます。この雰囲気を出すには「腰を決める」ことがポイントです。

腰がふらついているとなんだか頼りなさげな、なよっとした雰囲気になってしまいます。男性の腰を決めるポイントとしては、帯の位置も重要です。腰が決まると動きがスムーズになるので、流れるような色気のある雰囲気を出すこともできます。

姿勢と着崩れ

雰囲気作り適度な着崩れをしていると自然に浴衣が身体になじんでくるので、なにげなく動いたときにも雰囲気のあるしぐさにみえてきます。適度な着崩れはかっこいい雰囲気を作り出すので、わざと着崩している人もいます。

しかし、わざと着崩した場合あまりかっこよい雰囲気にはなりません。自然に着ていて着崩れてくると、襟元やあわせの周りにゆとりができます。このとき帯がきっちり腰のところで締まっていないと全体がだらしなくただ崩れてしまい雰囲気も色気もありません。

また、たとえば着崩れたとしても、背筋がまがったり体がゆがんだままだと着崩れを上手になおすこともできませんし、良い着崩れにはなりません。

自然にかっこよく着崩れるのに必要なのは、腰を決めて帯を締めることと、姿勢を伸ばすことです。鏡の前で背中をのばして胸を張り、腰を決めると自然と雰囲気のある姿になるのでやってみてくださいね。

手浴衣を着ているときにちょっと気にするだけで雰囲気のあるしぐさができるようになる部分が「手」です。普段あまり手や指先にまで気を使って行動することはない人も多いと思います。

しかし、食事をするときにも何か物を持つときにも使うのは手先と指先ですよね。指先の動きをちょっと気にしてみてください。しっかり止める、ゆっくりと動かす、など少し指先に気を使うだけで、雰囲気のあるしぐさになると思いますよ。


 

ページの上に移動




ホーム浴衣を着よう! | 浴衣の着こなし | 浴衣とあわせる浴衣の小物リンク集

copyright (c) 2013 浴衣のココロ All Rights Reserved.