浴衣の小物


浴衣の小物

うちわやゲタなどは、浴衣の雰囲気をより夏っぽく、より粋に演出してくれる小物です。浴衣を着るときには、浴衣ならではの和風な小物ももちろん使いますが、普段洋服に合わせているようなものも上手く使うと浴衣のコーディネイトが楽しくなります。浴衣のコーディネイトには小物使いも重要なポイントになりますよね。選りまわりや袋物など、一般的な小物でも、浴衣を出かけていく時の場所や時間によって色々使い分けられれば、浴衣でのお出かけも、もっと楽しむことができますよ!

「ゆかた」をアレンジする小物

浴衣といえば、夏! というイメージがありますが、半襟や足袋といった小物を使うことで一年中浴衣をアレンジして楽しむこともできます。また、ちょっと寒くなったときにも使えるような羽織ものやショールなども浴衣姿を自分なりにアレンジするときのポイントにもなります。

半襟(はんえり)

手ぬぐい浴衣を簡単に着物風にアレンジすることのできる便利な小物です。「浴衣の小物」というよりは、浴衣を着るときに使えるアイテム、というほうが正しいのかもしれませんね。

一般的な半襟はガーゼやさらし布などで作られた白い色のものが多いのですが、手ぬぐいも半襟として使かわれていることが多くあります。

その他にもハンカチ・帯揚げ・スカーフ歯切れなどを半襟にするのも、浴衣をオリジナルのコーディネイトにしたいときにはおすすめです。また、市販されている半襟や通販などではちょっと変わった絵柄がプリントされた半襟も販売されています。

洗濯機で簡単に洗えるものがおおいので、その火の気分に合わせて浴衣の雰囲気を変えることができます。手ぬぐいを使った簡単な半襟の作り方なども色々紹介されているところがありますので、手作りの半襟を作ってみるのもいいですね。

足袋(たび)

足袋浴衣は素足にゲタを履くのが一般的ですが、足袋を履いても足元がちょっとオシャレになるので最近は浴衣に足袋をはく人も多くなっています。

買ったばかりの下駄は鼻緒がちょっときついので、はだしで履くと痛くて歩けなくなってしまうこともあります。そういう時もタビを履いていると痛くなりにくいのでおすすめです。

また、浴衣に草履を履くときにも足袋を履くのもおすすめです。足袋は白いものと思われがちですが、カラフルな色のたびや色々な柄の足袋もあります。

最近は、足袋型の靴下がスニーカー用の靴下として扱われているのを見かけます。私はこれを「たびっくす」と勝手に呼んでいます。この足袋っくすの中には、まるで本物の足袋のような生地やデザインのものもあり、これを浴衣のときに利用するのも面白いと思いますよ。

羽織紐(はおりひも)

紐羽織ひもは、羽織を着たときに、羽織の前の部分を止めておくもので、トンボ玉などの飾りがついているものや、帯留めのような大きな飾りでチョーカーのようなデザインのもの、組紐タイプのものなどがあります。

羽織を着るときに使うものなので浴衣だけの時に使うことは余りありませんが、浴衣の上から羽織やコート、ショールを羽織る時などにも上手く使うととってもオシャレになります。

羽織紐を引き立てて浴衣を着たい場合には帯や羽織の色が羽織紐を引き立てるような色合いのものにすると良いでしょう。

浴衣の時に持ちたい小物

浴衣の時にはあまり大荷物にせず、必要なものだけをすっきりと持つようにするのがポイントです。また髪飾りや根付などチラッと見える小物を利用するのも、浴衣姿をオシャレに見せるためには重要ですよね。

袋物(ふくろもの)

巾着「袋物」とは、財布や手ぬぐいなど持ち歩きたい必需品を入れておくための袋のことです。袋物の代表的なものとしては、巾着・合切袋・信玄袋などがありあまり大きなものはなく財布や携帯とハンカチや手ぬぐいを入れておく程度の大きさが多いようです。

この、袋物はカバンとしても日常的に使うことができるもので、洋服に合わせて浴衣や着物用につく荒れた袋を持っている人も見かけます。

これらの袋物は、手ぬぐいやハギレを使って、自分でも簡単に作ることができると思います。また、昔ながらの袋物ではなく、洋服のときに持つような小ぶりのカバンを浴衣の柄や色とコーディネイトしている人も見かけます。

根付(ねつけ)

携帯電話世界中には、根付の熱狂的なコレクターがいるほど、世界中でも有名な和装のときに使われる小物です。

もともとは、男性が浴衣を着たときに袋物を持っていた場合に袋がずり落ちたりしないように止めておくためのものでした。

しかし、最近では、携帯電話はや財布などに根付を楽しんでいて、愛用している人がとても多い浴衣の時に使える小物です。羽織ひもとして使っている人もいますが、携帯電話や財布などにつけておくのもおすすめですよ。

扇子・うちわ

うちわ祭りや花火大会に出かけると、うちわや扇子を帯や懐に挟んでいる人をたくさん見かけます。夏の着物である浴衣をさらに夏らしく見せてくれるのが、扇子やうちわといった小物ですよね。

うちわを使わないときには、柄の部分を帯の背中部分に挟んでいるだけでも浴衣姿を演出してくれる重要なアイテムになります。

また、扇子はコンパクトで実用的でありながら、浴衣姿をオシャレな感じにもすることができる優れものです。扇子やうちわには、毎年夏前になると色々なデザインのものが扱われていて、選んだり見ているだけでも楽しいですよね。


 

ページの上に移動




ホーム浴衣を着よう!浴衣の着こなし浴衣とあわせる | 浴衣の小物 | リンク集

copyright (c) 2013 浴衣のココロ All Rights Reserved.