帯


帯の色やデザインは浴衣を着るときのコーディネイトには大きなポイントになってきますよね。浴衣を買うときに帯をもっていれば、帯の色に合わせて浴衣を買うこともあると思います。男性の場合は浴衣のデザインや色が女性に比べて少ない分、帯の印象が浴衣姿の印象になることも多くあります。帯の種類や使い方、締め方など帯使いが旨くなると浴衣を着るときの楽しみ方も大きく広がります。自分らしい浴衣姿を作るのには欠かせない「帯(おび)」ってとっても奥が深いんです。

浴衣に使う帯の種類

浴衣を着るときに欠かせないもののひとつが帯ですよね。浴衣を着るときに使う帯には、子どもから男性まで使えるタイプのものや、女性ならではの鮮やかなデザインのものまで色々あります。

兵児帯(へこおび)

帯子どもの浴衣に使われるやわらかいリボンのような帯のことを「兵児帯(へこおび)」といいます。

子どもが使うタイプのものは「三尺帯(さんしゃくおび)」といい、兵児帯はこの三尺帯の長さが長くなったもののことをいいます。やわらかく簡単に結ぶことができるので、初心者でも使いやすいのが特徴です。

しぼりで染められていることもあります。大変やわらかく薄い布でできているので兵児帯を使った色々なアレンジをすることもできます。しかし、男性の場合兵児帯を使うと腰を締めるのが難しいので、初心者向きではないと思います。

半幅帯(はんはばおび)

半復帯女性が浴衣を着るとき似使われることの多いのが「半幅帯(はんはばおび)」です。着物にも浴衣にも使われる一般的な帯ですが、変わり結びも簡単にできます。

兵児帯と重ねて帯を使う場合にも素材の違いから色々なアレンジでコーディネイトすることができます。また、浴衣を着るときに着物風のコーディネイトをする場合には、一部分が半幅帯のように細くなった「名古屋帯8なごやおび」」を利用することもできます。

名古屋帯は半幅帯のように気軽で簡単に使うことができ、「お太鼓」と呼ばれる帯の結び方にも向いているのが特徴です。

角帯(かくおび)

男性が浴衣を着る場合に使われるのが「角帯(かくおび)」です。男性が浴衣を着る場合には、この角帯の他に兵児帯も使われます。角帯のデザインには上下が決められています。

また、リバーシブルで使えるようにデザインされているので裏表を気にせず使うことができます。中にはマフラーのフリンジのような房(ふさ)があるものなどもありますので帯のデザインで浴衣の印層を色々変えて楽しむことができます。

兵児帯と角帯を触り比べてみると、角帯は兵児帯に比べてかたいのがわかります。兵児帯は大変結びやすいのですが、男性が使う場合に腰の位置が上になってしまいやすく子どもの浴衣のようになってしまうことが多くあります。

着慣れたように兵児帯を使いこなすのは難しいので、兵児帯を使ってみたい人は慣れるまで角帯を使って練習するのがおすすめですよ。

簡単! 帯の結び方

浴衣帯の色やしめ方を変えるだけで同じ浴衣の印象も大きく変えることができます。

帯と浴衣の色をコーディネイトするのはもちろん楽しいですが、帯の結び方も覚えておくと皿に浴衣のコーディネイトの幅が広がります。

兵児帯で簡単! リボン結び

  1. 帯の真ん中を体の前に合わせて両端を後ろに回します。
  2. 後ろで一度交差させて両端を一度前へ戻します。このとき後ろできゅっと締めるようにするのがポイントです。
  3. 前で一度結び、輪をつくってリボン結びにします。ほどけないようにしっかり結んでください。
  4. リボンが背中の真ん中にくるように帯を回します。
  5. 前で帯の形を整えて完成です。

兵児帯でふんわりカワイイ都結び

  1. 帯の真ん中を体の前に合わせて腰紐に洗濯ばさみなどで止めてずれないようにしておきます。
  2. 後ろで一度交差させて両端を一度前へ戻します。このとき後ろできゅっと締めるようにしたら洗濯ばさみをはずします。
  3. 前で一度結び、輪をつくってリボン結びにします。輪になっていないたれている部分を少し長めにするのがポイントです。
  4. たれている部分の長さが長いほうをリボンに結んだ結び目の裏側をとおして上からリボンの真ん中にかけます。
  5. たれている短い部分も結び目の裏側をとおして結び目が隠れるように上からたらします。
  6. 輪になっている部分とたらした部分がふわふわになるようにバランスよく整えたら、ふわふわが背中の真ん中に来るように後ろに回します。
  7. 帯の前の部分を整えて完成です。

半幅帯で基本の文庫結び

  1. 半幅帯を半分緒幅になるように折り曲げて持ち、右端から50cm程度のところが体の真ん中になるように帯をあわせて、ずれないように洗濯ばさみやピンなどで留めます。
  2. 長くたれている部分を後にまわして巻きつけます。このとき一周目は短各たれている部分の下を通して二週目には上にくるようにします。
  3. 短くたれている部分に上からかぶせるようにして、短い部分と結び合わせます。このときに一度きゅっと帯を締めましょう。
  4. たれている部分の下側になっているほうを、体の幅より狭いくらいに折りたたみます。
  5. 真ん中でギャザーを作るようにくしゅっとさせる感じで3〜4回折り曲げます。
  6. くしゅっとさせた真ん中の所にたれている短い部分を上からかけるように巻きつけます。このときできるだけきゅっとひっぱりながら巻きます。
  7. 巻きつけた残りの部分は、身体に巻いてある帯の中に上から差し入れて、下から引っ張り出します。出てきたら見えないように折り返して帯の中にしまいます。
  8. リボン状になった部分を整えてからだの後ろ側になるようにまわします。
  9. 帯の前の部分を整えたら完成です。

 

ページの上に移動




ホーム浴衣を着よう!浴衣の着こなし浴衣とあわせる | 浴衣の小物 | リンク集

copyright (c) 2013 浴衣のココロ All Rights Reserved.