扇子とうちわ


扇子 と うちわ

夏になると色々なところで色鮮やかな扇子を見かけることが多くなりました。扇子は折りたたむととってもコンパクトで持ち歩き似もとっても便利! 着物や浴衣に合わせるだけでなく、日常生活の中で使える便利な小物として人気が高くなってきています。オシャレなデザインのものや変わった形の扇子やうちわも販売されていて、遊び心も十分に楽しむことができます。季節や場所に合わせたオリジナルの扇子を見つけるのも楽しいですよね。

扇子の特徴と歴史

特徴

扇子扇子は、着物や浴衣など和装の時にはもちろん洋服のときでもかばんの中に入れておくと、ちょっと汗ばむ季節や動いて熱くなった時など、手軽に扇ぐことができる便利な道具です。

茶道の中では扇子を敷居にみたてた作法があったり、昔から落語家は、扇子ひとつを使って色々な状況を上手に表現したりすることができます。

一般的に見かけることの多い扇子は、木やプラスチックの骨に薄い紙を扇状にはり、たためるように折り目が細かくついているものです。最近は100円ショップなどでも色々なデザインの扇子が販売されていて、気に入ったデザインのものがあるたびに色々買い集めている人もいます。

扇子には様々な使い方や意味があり、祭り事や贈り物としても使われることが多くあります。扇子の使い方にも意味があるというあたり、日本人の風情を感じますよね。もちろん浴衣や着物のときには、懐や帯にさしておくだけでも風情が感じられてとても粋な感じになります。

歴史

扇子昔から使われてきた扇子は、実は日本人が考え出した便利グッズなんです。中国で発明された団扇が日本に伝わってきてから100年くらいの間に、折りたたんで携帯しても便利に使えるように団扇をもとにして作られたものです。

平安時代より昔に発明されたといわれている扇子ですが、一番初めに作られたタイプのものは、同じような厚さと幅に切った木を扇形に夜路ゲルことができるように穴を開け、糸を通して作られたそうです。

現在でも薄く切り、色々な模様が掘り込んである白檀(びゃくだん)の木でできた扇子は人気があります。初めは団扇と同じようにあおぐことが目的で作られたものですが、平安時代には女性が顔や口元を隠すために常に常備しているものでした。

また、扇子を使った舞や踊りも作られ扇子の持つ意味は多種多様に広がっていきました。日本で考え出された扇子は、その後中国にも輸出されるようになったようです。中国で生まれたうちわが日本に伝わり、団扇をもとに作られた扇子が中国に輸出されていったなんてちょっと面白いですね。

扇子の種類と使い方

扇子には種類が豊富にあり、使う人や用途によっても色・形・大きさ・素材などが違っています。構造は10本程度から無数にある骨の部分をはさむように両側から紙を貼り付けたつくりになっているものが多くあります。

祭り事・行事用の扇子

扇子お祝い事や季節ごとの行事など、儀礼に使われる「祝儀扇」は基本的に真っ白な骨と紙で作られたものを使います。

結婚式のときに花婿が持っているのがいい例ですよね。また、女性も胸元に刺す「懐剣」の代わりとして扇子を刺しておきます。

鉄扇子

扇子鉄扇(てっせん)とも呼ばれる扇子は、何枚もの鉄の薄い板に穴を開けてつなげ、扇形に開くように作られたものです。

舞踏や武道のときに使われることが多く、お土産用など以外では、ほとんど見かけることはないかもしれません。

京扇子・季節の扇子

扇子扇子は季節ごとに形を変えて作られるはないので、基本的なつくりはどれもほとんど変わりません。しかし、紙部分に描かれている絵柄や色、デザインなどで季節を表しています。

季節に合わせた短歌などを書いて季節を表す草木や花と一緒に送るという習慣もあります。京扇子は季節に合わせた風流なデザインやつくりが特徴で人気の高い扇子です。

団扇(うちわ)の特徴と歴史

特徴

うちわ夏前など気温が上がってくるころになると、どこかの企業や店の広告が入った団扇をもらうことがあります。

浴衣といえば「団扇(うちわ)」というイメージも強く、浴衣姿で帯の後ろにさっとさしておくだけでも季節感が増して爽やかな感じになりますよね。カジュアルなイメージの強いうちわですが、中国では高貴な人の間でしか使われていないものでした。

扇子より昔から使われていて、少し前までは日本の家庭では、お客様に使っていただく用の団扇と家族で使う団扇の二種類用意されているうちも多かったといわれています。

歴史

うちわ扇子が作られるようになる100年近く前にうちわは日本に伝わってきました。日本に伝わってきたのは中国からですが、古代エジプト時代のものとして残っている壁画の中に「団扇(うちわ)」のようなものが描かれていることから、団扇が生まれたのはエジプトではないかといわれています。

折りたたむことのできる扇子とは違い、持ち歩きにはちょっと場所をとってしまい不便を感じるかもしれません。

団扇の種類

団扇団扇も扇子同様に使い道などによって若干形や大きさが違ってきます。しかし、扇子と滋賀って折りたたむことができないため、携帯にはちょっと向いていないかもしれませんね。

しかし浴衣を着ているときは、ぜひ京団扇を帯に指してみてください。うちわはカジュアルに使えて風情もあるのですが、折りたためずかさばるのと、木でできた柄が若干大きかったため自分に合った大きさのものを選ぶのがポイントです。

京団扇(きょううちわ)

京団扇は作り方がちょっと変わっていて、初めに「頭(あたま)」と呼ばれる紙などが張ってある部分だけを作ります。そのあと得の部分を差し込んで作られるタイプの団扇です。爽やかで優雅なデザインで作られているのが特徴のうちわです。

羽団扇

名前もちょっと優雅なイメージの「羽うちわ」は、その名前の通りあおぐ「頭(あたま)」の部分が大き目の鳥の羽を何本も組み合わせて作られているものです。大きさもかなり大き目の重たいものから、手のひらサイズの小さなものまで色々あります。見た目に扇子とうちわの合わさったような形のものも多くあります。しかし、実用的なうちわとしてはあまり見かけることはありません。

 

ページの上に移動




ホーム浴衣を着よう!浴衣の着こなし浴衣とあわせる | 浴衣の小物 | リンク集

copyright (c) 2013 浴衣のココロ All Rights Reserved.