手ぬぐい


手ぬぐい

手ぬぐいって持っていますか? 私は好きなデザインの手ぬぐいをいくつかコレクションしていますが、中でもお気に入りの手ぬぐいが5〜6本あります。手ぬぐいって使ってみると本当に便利!浴衣を着ているときにはハンカチよりもち手ぬぐいのほうがサマになりますし、色んな用途に使えるのでとっても便利です。使い込んでいくうちに、色合いが変化していくのも手ぬぐいを使う楽しみの一つ。浴衣に合わせて手ぬぐいのデザインを選んでみたり、お気に入りの手ぬぐいを使い込んで自分だけの風合いにしていくのも楽しいですね!

手ぬぐいの魅力

手ぬぐいの特徴

手ぬぐい手ぬぐいは、一言で言ってしまえば木綿でできた布です。ハンカチやタオルと同じような用途以外にも、フキンにしたり頭からかぶって防止代わりに使ったりと、とても実用的に使われてきました。

しかし、「手ぬぐい」と言う意味はもともと単に「手をぬぐう」ということではなく、神聖なものに対して手を初めとする身体や物をぬぐって清めるためのもの、として使われていたそうです。

素材も当時は手に入りにくかった麻や綿が使われていてちょっと高価なもので、今のように誰でも気軽に色々な用途に使える一般的なものではなかったそうです。

また、手ぬぐいが一般的に使われるようになってからは、遊び心のあるデザインがたくさん用いられてきました。江戸の粋な心をあらわしたような「かまわぬ」や、子孫繁栄を願った「まめしぼり」など、柄や模様に意味が込められたものが多いのも手ぬぐいの特徴です。

手ぬぐいの歴史

手ぬぐい手ぬぐいの歴史は古く、麻が栽培され始めた起源前には手ぬぐいの始まりとなった「たごのひ」として一部で使われていたといわれています。「たごのひ」は「て」を「ぬぐう」と言う意味で、現在「手ぬぐい」と呼ばれている由来になったといわれています。

その後綿が輸入されたり栽培されるようになると麻のほかに綿でも作った手ぬぐいが作られるようになりましたが、綿が栽培された当初はまだ綿も高価なものだったため一般庶民がつかうものではありませんでした。

江戸時代ころになってから綿の栽培が盛んになり、木綿生地で作られた着物が一般的になりました。このころ木綿売りの商人が着物用とは別に決まった大きさ切っただけの生地を庶民にも売るようになり、これが現在の手ぬぐいとなりました。

手ぬぐいの使い方

「手ぬぐい」というだけあって、ハンカチやタオルのように手をぬぐいたり顔をぬぐいたりすることはもちろん手ぬぐいの使い方の一つです。しかし、手ぬぐいをただ単にタオルやハンカチ代わりに使うだけではもったいない! 手ぬぐいの使い方の色々をご紹介します。

半襟にしてみる

浴衣浴衣を着るときは通常半襟はつけずにそのまま着てしまいますが、ちょっと着物風にアレンジしたいときには半襟を使いますよね。

このとき浴衣の柄にあわせた手ぬぐいを使うととってもお洒落になります。てぬぐいは洗濯も簡単なので半襟としても使いやすく、浴衣や着物の雰囲気を気軽に変えて楽しむことができます。

これは男性にも女性にも使える方法なので手ぬぐいを買うときには、浴衣や着物の柄に合わせることをちょこっと思いだしてみてください。

浴衣姿を自然に整える

手ぬぐい男性が浴衣や着物を着る場合にはよくタオルなどをお腹や下腹の辺りにはさんだり巻いたりして、自然な貫禄をつけたり全体のバランスを整えたりします。

男性の場合手ぬぐいに財布をはさんで、懐の奥の方に差し込むようにして持ち歩くのですが、これを帯のすぐ上に差し込んでおくと、帯が上がってくるのをてぬぐいが防いでくれます。そのため帯が上がってきてしまい野暮ったくなってしまうような着崩れもすくなくなり、自然な着物姿や浴衣姿を演出することができます。

防寒

浴衣をきて出かけたときに、少し肌寒く感じることもあると思います。こういうときにも役に立つのが手ぬぐいです。座っているときにはひざ掛け代わりに広げておくのがおすすめです。

これは食事のときに汚れないようにする意味でも十分使えます。また、手ぬぐいを首にかけて着物や浴衣の胸元に挟みこむように差し込むと、ショールやマフラーのような感覚で首もとの風を防ぐことができます。

首や襟元に巻く場合には、使い込んだ手ぬぐいでないと手ぬぐいの色が落ちて浴衣や着物に映ってしまうことがあります。初めからこういう用途で使う場合には、何回か選択したことのある手ぬぐいを使うのがポイントです。

小物を作る

巾着手ぬぐいに使われている柄は、そのまま小物を作るときに使うととってもお洒落な和風の小物を作ることができます。

巾着や何枚かの手ぬぐいをあわせて作ったバックなども、浴衣や着物を着ているとき以外でも使える小物になります。

手ぬぐいを使って作った財布や名刺入れなどもあり、オリジナルの手ぬぐいグッズを扱っている店や通販のショップもあります。

鼻緒をすげる

鼻緒現在ではほとんど見られなくなった光景ですが、ゲタの鼻緒が切れてしまったとき手ぬぐいを細くよったり、裂いて臨時の鼻緒として挿げ替えることができます。

突然鼻緒が切れてしまって、困っている女性のゲタを手持ちの手ぬぐいでサッとすげかえて助けてあげる、そういえばそんなロマンチックな出会いのお話もありますよね。

手ぬぐいの魅力

浴衣最近は手拭い人気が高くなってきたので手拭いを扱っている店や手拭い専門店などもあります。手拭いにデザインされている模様や柄にはちょっと遊び心があるものも多く、見ているだけでも楽しいのが手拭いの特徴です。

ぱっと見ただけではちょっと意味があるのかもわかりにくいデザインのものもありますが、デザインされている柄の意味を知って使ってみると手拭いを選ぶときにも見方がかわってきます。

また、手拭いは染められているものなので、使い始めは色落ちしてほかのものに色が移ってしまったり、白地の多い手拭いは柄に使われている色が手拭い全体に広がることもあります。

しかし、使い込んでいくうちに、色がだんだんと変化していくのを楽しむのも手拭いの魅力のひとつといえます。使い込んだ手拭いは、適度にこなれていて使いやすい自分だけの手拭いになります。


 

ページの上に移動




ホーム浴衣を着よう!浴衣の着こなし浴衣とあわせる | 浴衣の小物 | リンク集

copyright (c) 2013 浴衣のココロ All Rights Reserved.