草履


草履・下駄

浴衣にはどんな履物をあわせますか? せっかく浴衣を着るのですから、浴衣姿もオシャレに決めたいですよね。ゲタやぞうりといった履き物類は、浴衣のコーディネイトでかなり重要なポイントになってきます。 歩きやすく疲れにくい履き物を選ぶのは浴衣で気軽に出かけるためにもとっても重要!豆ができたり靴ずれになったりしてしまうと、歩くのが辛くなったらせっかくの浴衣でのお出かけも楽しむことができませんよね。

浴衣には下駄?

下駄浴衣に合わせることが一番多いのは下駄です。浴衣姿で下駄を履き、カランコロンと涼しげな音をたてて歩くのは、夏ならではの光景ですよね。

この下駄にも形や種類が色々あり、歯の高さも違っています。浴衣はカジュアルな着物ですから下駄がよく似合うのですが、着物風にコーディネイトしたりレストランやお呼ばれしたときなどにはちょっとカジュアルすぎてしまうこともあります。 そんなときには草履を合わせてみましょう!

浴衣に草履を合わせると、浴衣姿も少しよそ行きの着物風にコーディネイトすることができます。下駄や草履といった和装の履物は指を引っ掛ける鼻緒の部分の色や下駄や、草履本体の素材や使われている木の種類などでも雰囲気が変わってきます。

最近は木ではなく軽くて履き安い素材でできた下駄もけっこう安くで販売されています。洋服を着ているときでもその洋服にあった靴を選べるかどうかで全体のバランスも決まってきますよね。

下駄の特徴

下駄下駄は使われている木の種類や歯の状態で形や名前が変わってきます。もともとは一本の木をくりぬいて作られていましたが、用途や流行などに合わせて、足を乗せる「台」の部分に「歯」を差し込んだものや、「歯」の部分がない下駄も作られるようになりました。

また、歯の形も一般的な「二枚歯」の他にお話の中に出てくる天狗がはいていたとされる「一本歯」や馬のひずめの形にくりぬかれたものなどがあります。

浴衣に下駄を履く場合には、通常は出しではくので足が蒸れることがありません。また、鼻緒に指を引っ掛けるので、足の指を自然と使うことができるので、子供の足の発達に役立ったり足の血行がよくなるため健康的にも優れているといわれています。

下駄の種類

下駄男性がはく下駄は四角い形になっているのが特徴です。足の幅より比較的大きく安定感があるものが多いと思います。反対に女性がはく下駄は足の形に近い小判型のものが多く足の大きさと同じくらいか少し小さめのものを選びます。

浴衣の場合は、はだしではくことが多いのですが、下駄を履きなれていないと初めは鼻緒の部分がきつく足が痛く感じるかもしれません。はきなれてくるまでは足袋をはいたり、鼻緒が痛くないようなつくりになっている下駄を選びましょう。

駒下駄

台も歯もひとつの木をくりぬいて作られた下駄で、台のつま先部分には厚さがないものがほとんどです。軽いのですが歯とつま先の段差があるので歩きにくく感じる人もいます。歯の高さがそこそこにあるので雨の日にもはくことができます。

右近

下駄と草履を合わせたような形で、歯は完全な二枚歯ではなく、かかとの部分と土踏まずあたりからつま先にかけてゆるいカーブが突いた形に作られています。歩きやすいのが特徴で初心者にもおすすめの下駄です。

足駄

足を乗せる「台」の部分に歯を差し込んで作られている下駄で、歯が磨り減ったり欠けたりしたときに歯の部分だけ取り替えることもできます。歯の高さがかなり高いため初心者にはちょっと歩きにくいかもしれません。

草履の特徴

草履草履はイグサなどの植物を使って作られているもので、下駄と違って歯はありません。少しかかと部分に厚みがあるタイプの草履もあります。

もともと役者が楽屋などの室内で使うときに履いていた「楽屋履き」と呼ばれる草履もあります。これは履きやすく歩きやすいことから、外履きにも使われています。

一般的に着物・浴衣・作務衣などの和装にあわせて愛用している人が多くいますが、最近では洋服に合わせて気軽に草履を履く人も増えています。

草履を履くときには下駄と違い足袋を履いてから草履を履きます。草履の鼻緒の色や台の色と足袋の色のコーディネイトを楽しんでくださいね。

草履の種類

草履

皮草履

皮で作られた草履で高級草履として扱われています。カジュアルな感じではないので着物風に浴衣を着たときには使ってみたい草履です。

雪駄

草履とは違う履物だと思われがちな雪駄ですが、草履のなかで竹や畳俵などで作られたものを「雪駄」とよびます。履きやすいのですが、雨の日などは痛みやすいため履くことはおすすめできません。

ゴム草履

ゴム草履といってもビーチサンダルのことではありません。これは、一般的な草履の裏側、底の部分に古タイヤなどで作られたゴムが貼り付けられているもので、滑りにくく歩きやすいのが特徴です。草履自体もいたみにくく、長時間歩いてもつかれにくいのが特徴です。

布ぞうり

最近は室内履きとして、布を細くよったもので作られた「布ぞうり」があります。これは浴衣に合わせるというよりは、部屋の中で履くぞうりなのですが浴衣や着物にぞうりを履く時になれておきたい場合は、室内履きにこの布ぞうりを使ってみるのもおすすめです。自分で作ることもできるので、興味がある人は布道理の作り方を参考に手作りしてみるのも楽しいと思いますよ。

 

ページの上に移動




ホーム浴衣を着よう!浴衣の着こなし浴衣とあわせる | 浴衣の小物 | リンク集

copyright (c) 2013 浴衣のココロ All Rights Reserved.